ホーム > ダイヤモンドコート塗装 > 一般的な塗装との違い

戸建て塗装の美観保持に自動車塗装の技術を。

ダイヤモンドコート塗装

従来の外壁塗装はクリヤーコーティングの無い、いわゆるエナメル塗りが主流であり、日焼けなどが原因で初期の美しい色艶が次第に失われてしまいます。 ダイヤモンドコートは日本ペイントの自動車塗装で培われた技術を基に、外壁塗装用にUVカット・クリヤーコーティングを新開発いたしました。 それにより、初期美観の保持が飛躍的に向上し、10年色あせない外壁塗装を実現いたしました。

■ 一般的な塗装と、これだけ違います!

一般的な塗装と、これだけ違います!

チョーキングの原因は主に紫外線によって、塗装膜が摩擦し、顔料が露出する事によって起こります。

ダイヤモンドコートは、10年経過してもチョーキング致しません!

■ 最終工程にUVカットクリヤーコーディングを採用

ここがスゴイ!ダイヤモンドコートはUVカットクリヤーコーディングで、紫外線から外壁を守り、色あせを防ぎます。

通常の戸建て塗装は、下塗りを含めた3層塗りが主流ですが、ダイヤモンドコートは、さらに最終工程に新開発のUVカットコーティングを採用しました。これにより従来の塗装に比べ、高いレベルでの色あせの防止、汚染の防止、藻・かびの防止を実現しています。

超親水性で、雨水が汚れを落とす藻やカビの発生を抑制する

■ 10年後差が出る!

ダイヤモンドコートは、10年後も色あせない外壁塗装です。

ダイヤモンドコート専用のオリジナル塗料は、一般的なモルタル壁からレンガ調のサイディング壁まで幅広い外壁の塗り替えに対応しています。 詳しくはこちら

▲TOP